2009年03月15日

兼田昌尚 刳貫徳利

兼田昌尚さんの刳貫徳利です。

粘土のかたまりの内側をくりぬいて作られた「刳貫」技法の徳利です。
轆轤では表現出来ない大胆な形をしており、かなり存在感があります。

 萩焼と言えば、「柔らかい」とか「優しい」という印象がありますが、兼田昌尚さんの萩焼は「力強い」とか「迫力」とかの言葉が合いそうな感じがする。と以前ぐい呑を紹介したことがありましたが、この徳利も削り取って出来た稜線が、力強く、見る者に迫力を感じさせます。(写真では、いまいち迫力に欠けますが、目の前にすると圧倒されます。)



.兼田昌尚萩刳貫徳利2.JPG兼田昌尚萩刳貫徳利3.JPG
兼田昌尚萩刳貫徳利4.JPG兼田昌尚萩刳貫徳利5.JPG

  口径 4.5cm
  胴径 9cm
  高  14cm


表面は萩焼の特徴である白い釉薬をどっぷり掛けてあります。
片面の肌には、ほんのりとラベンダー色の窯変が浮かぶ。
そこに艶っぽさを感じて、見た瞬間心が動かされ手にした徳利です。

この徳利は、口元がかなり広く出来ており、豪快に酒を呑めそうで、酒豪向けかな?

気に入りの酒器で、独り酒を呑む。
「いいもんだなあ。独り酒とは」と至福の時間に浸りながら。
こんな夜は、つまみなど何もなくともいい。などと思いつつ妄想にふけながら呑む。
「こういうのもいいなあ」 と。


おススメ本へ


ランキング参戦中です。応援よろしくお願いします

posted by kunikuni at 11:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 【萩焼】の作家さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この、兼田昌尚作 萩刳貫徳利は、以前、当方で所有していたものでした。
今も愛用して頂いて、うれしい限りです。
Posted by 一之瀬京一郎 at 2011年01月27日 13:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。