2015年11月21日

若尾利貞 志野焼 食器7種

若尾利貞さんの食器7種を紹介いたします。


以前、若尾利貞さんの「鼠志野おもだか文徳利」を紹介した時も言いましたが、私は若尾利貞さんの作品がとても好きです。
特に若尾利貞さんの鼠志野には、理屈抜きで惹かれます。
「欲しい」といつも思っております。


そんな中で出会ったのが、この食器たちです。


若尾利貞食器1.JPG


若尾利貞食器2.JPG

志野長方皿 横 23cm  縦 11,5 cm  高 3cm



若尾利貞食器3.JPG

志野小鉢 径 12cm 高 7cm



若尾利貞食器4.JPG若尾利貞食器5.JPG若尾利貞食器6.JPG

鼠志野皿3枚 径 約15cm  高 3cm



若尾利貞食器7.JPG

湯のみ 口径 7cm  高 8,5cm



若尾利貞食器8.JPG

ぐい呑 口径 6cm  高 6cm




かなり予算オーバーでしたが「欲しい病」に勝てなくて、無理をしました。
自分のものにした時は、そりゃもう!嬉しくて、ワクワクドキドキで、早く帰って眺めたくて仕方がありませんでした。


眺めていると、満足感で自然に頬がほころんでしまいます。


若尾利貞さんの鼠志野は独特です。
桃山志野に魅せられ、地元の製陶工場に勤めながら独学で陶芸を学び、その陶技を身につけたそうで、今や志野焼の第一人者とまで言われております。


ここに紹介した食器は、いずれも切れのある形成と深みのある色あいで、味わいの深い顔をしております。


若尾利貞さんの器は、膳の格を上げるような気がします。
後は、使う側のこちらの技量あるのみです。





おススメ本へ


ランキング参戦中です。応援よろしくお願いします



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。