2007年04月22日

畑石眞嗣 伊万里焼 色鍋島大盃

おはようございます。

今日は畑石眞嗣さんの色鍋島大盃をご紹介します。

鍋島藩の高い技を受け継いだ畑石眞嗣さんは、伝統を生かしながら独自の技法を取り入れ、現代の生活スタイルに合った、新しい色鍋島を作り続けております。

畑石眞嗣さんは、鍋島の「品格」を出すため、作品は薄手に仕上げ、伝統文様を取り入れた絵柄はすべて手描き。彩色に濃淡をつけて奥行きを出しているそうです。
 
「心を込めた製品は、どんな時代でも消費者の心に響き、きちんと理解してもらえる。」と当初、箱に「心を込めて」の言葉を書いて消費者へのメッセージとしたそうです。
  


畑石眞嗣 色鍋島大盃1.JPG畑石眞嗣 色鍋島大盃2.JPG畑石眞嗣 色鍋島大盃3.JPG
畑石眞嗣 色鍋島大盃4.JPG畑石眞嗣 色鍋島大盃5.JPG畑石眞嗣 色鍋島大盃6.JPG
畑石眞嗣 色鍋島大盃7.JPG畑石眞嗣 色鍋島大盃8.JPG

口径 9.3cm
高  3cm


これを見ていると、「心を込めて」の思いが、具体的な形になっているような気がして、作品に対する畑石眞嗣さんの心意気が伝わってくる感じがします。

これは緻密で華麗な色鍋島文様の大盃です。
格調高く、研ぎ澄まされた美しさは鍋島特有のものです。

裏文様、高台まわりの櫛目文も、手のこんだ見事なものです。



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 【伊万里焼】畑石眞嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

畑石眞嗣 伊万里焼 百合文カップ&ソーサー

おはようございます。

今日は畑石眞嗣さんの百合文カップ&ソーサーをご紹介します。

畑石眞嗣さんの作品は前にも紹介いたしましたが、どの作品を見ても畑石眞嗣さんのモットーである「心を込めて」という言葉が見てとれて、気持がいい。
 
畑萬陶園のキャッチフレーズは「こころからこころへ」だそうです。
見る人の心に響く作品たちに、私も心打たれた一人です。
 


畑石眞嗣 百合文カップ&ダーサー1.JPG畑石眞嗣 百合文カップ&ダーサー2.JPG畑石眞嗣 百合文カップ&ダーサー3.JPG
畑石眞嗣 百合文カップ&ダーサー4.JPG畑石眞嗣 百合文カップ&ダーサー5.JPG

カップ  
 口径 9cm 持手含む 11.5cm  高 6.5cm
ソーサー 
 径 14.5cm



このカップ&ソーサーの青い空色でありながら、あまり見たことのない新しい色に心奪われてしまいました。そして繊細でいて柔らかい百合の花の絵付に、また素敵です。

見ていて楽しい。使ってもっと楽しい。そんな器です。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 06:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 【伊万里焼】畑石眞嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

畑石眞嗣 コーヒーカップとソーサー

こんばんは。

今日は畑石眞嗣さんのコーヒーカップとソーサーをご紹介します。

色鍋島の伝統を踏まえた繊細な柄が特徴と言われている畑石さんのコーヒーカップとソーサーです。
姿、形が高貴な感じがしてこれでコーヒーを飲んだらどんな感じだろう?とはじめて見たときはそんなことを考えました。
いつも慌しくてなかなかゆっくりとした時間を過ごせていないんですよね。そんな時、このコーヒーカップを見てこれでコーヒーを飲んでいる自分の姿を想像して・・・あ〜なんて優雅なんだろう、と。
なんだかとても優雅でリラックスした時間を過ごせるのではないかと思い、購入しました。
でも普段使いするにはあまりに高貴な姿なのであまり出番がありません。
なので私の生活も慌しいままです(笑)


ーサー11.JPGーサー12.JPGーサー13.JPG

カップの径8センチ 高さ10.5センチ   皿の径13.5センチ 高さ2,8センチ     


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 19:39| Comment(10) | TrackBack(0) | 【伊万里焼】畑石眞嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

畑石眞嗣 玉彩梅皿

今日は畑石眞嗣さんの玉彩梅皿をご紹介します。

伊万里焼の作品は初めてですね。この作品はまず梅の模様の緻密さが目を惹きますね。作者の畑石さんは「安いものでなく良いものを」モットーにその歴史を築いてきた方です。また、鍋島の品格を出すため、薄手に仕上げ絵柄はすべて手書きで素人ではとうてい描けない細い線も丁寧に塗り分けて独特の立体感をだしてます。
気の遠くなるようなこの細かい梅の模様にとても感動しました。壊したらもう手に入らないような気がしてとても大切にしています。



畑雛゚チ嗣 玉彩梅皿1.JPG畑雛゚チ嗣 玉彩梅皿2.JPG
畑雛゚チ嗣 玉彩梅皿3.JPG畑雛゚チ嗣 玉彩梅皿4.JPG



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 13:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 【伊万里焼】畑石眞嗣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。