2006年07月12日

吉田萩苑 茶器揃

こんばんは。

今日は吉田萩苑(よしだしょうえん)さんの萩焼 茶器揃をご紹介します。
 
吉田萩苑さんは、人間国宝十代休雪(三輪休和)に師事し、萩市玉江に玉隆山窯を開窯。茶陶中心に作陶をされている方です。


吉田萩苑 萩焼茶器揃1.JPG吉田萩苑 萩焼茶器揃2.JPG吉田萩苑 萩焼茶器揃3.JPG
吉田萩苑 萩焼茶器揃4.JPG吉田萩苑 萩焼茶器揃5.JPG吉田萩苑 萩焼茶器揃6.JPG

宝瓶 10.5cm(注口含)×8.5cm 高 9.5cm(蓋含)
湯冷まし 12cm×8.5cm 高 6.3cm
湯のみ茶碗 口径 5.8cm 高 6.5cm


この茶器揃は、どこにも目の引くような派手さは無いのですが、何故か引き寄せられるやきものです。
変化をつけているとすれば、宝瓶と、その蓋に轆轤目をはっきり出しているところと、蓋のつまみをダイナミックにしているところです。
土のざんぐりとした手触り、ぼってりと掛けられた釉薬、灰青色釉をアクセントとして見せながら、萩焼独特の温かみのある枇杷釉が、ほのぼのとした色調になっていているところが気に入って手に入れた茶器揃です。
六客ある湯のみ茶碗のうち、一客だけ使用しましたので、貫入を通して吸水性の高いざんぐりとした土に茶が入り、器の色調が変化してきているのがわかります。(未使用のものといっしょに並べて写真を撮りましたが、わかるでしょうか?)
湯のみ茶碗の高台に、一部切り取られた感じに変化をつけてあるのも萩焼の特色です。これは、一ヶ所に切り込みをいれた切高台です。ざんぐりとした土を見せており味のあるものになっております。

一ヶ所に切り込みをいれた切高台
二ヶ所に切り込みをいれたもの割高台
その他三割高台、桜高台などがあります。




ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

2006年02月21日

藤村小春 汲み出し

今日は藤村小春さんの汲み出しをご紹介します。

この汲み出しを購入したきっかけは料理家の飛田和緒さんが10数年前に一目惚れした器を紹介していた記事を見たことでしてた。

知人に「器は長い年月をかけて使い続けると育っていくもの」と聞いた飛田さんは一目惚れしたこの汲み出しを使い続けようと日本茶、紅茶、コーヒーと10年以上使い続けたそうです。そして長い年月の間使い続けた今でも古臭くなるどころかツヤが出てきて色の変化も現れてきた。

だいたいこのような記事だったと思います。そこに紹介されていた汲み出しがとても印象的でこんな器を少しずつ育てていけたら楽しいだろうなぁと思い購入しました。それがこの汲み出しですが、飛田さんの汲み出しとは色違いになります。購入してからは小鉢に使ったり、碗に使ったりしています。使い込まれていい味わいになるまで楽しみながら使っていきたいですね。



藤村小春 汲み出し1.JPG藤村小春 汲み出し2.JPG藤村小春 汲み出し3.JPG
藤村小春 汲み出し4.JPG藤村小春 汲み出し5.JPG藤村小春 汲み出し6.JPG



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。