2006年10月17日

松尾友文 唐津焼粉引鉢

こんばんは。

今日は松尾友文さんの唐津焼粉引鉢をご紹介します。

松尾さんは、東京でプロのミュージシャンとして活躍していた頃、東京の美術館で見た故郷のやきもの・古唐津に魅了されたそうで、それで生まれ故郷に戻り、作陶の道へ進まれたそうです。

「唐津焼には、言葉では表せない魅力を感じる。」「自分を表現したい。」と日々取り組む作品には、松尾友文さんらしい控え目な美しさを感じます。
その控え目さが、いざ料理を盛ると、がぜん存在感を発揮し輝くから不思議です。
 
器は本当に使ってみないとわからないものです。手にとって確かめたのに、実際使ってみると盛りにくかったり、他の器と合わなかったりで、がっかりすることがあります。

粉引の温かな白い器は、どんな料理にもしっくりなじみ、料理を選びません。他の器とのコーデネイトもしやすく、食卓がつくりやすいので重宝します。こういう温かみのある器に盛り付けると、料理がやわらかく映ります。
たっぷり盛っても、品よく盛っても、どちらも生きる器だと思います。




松尾友文 唐津粉引鉢1.JPG松尾友文 唐津粉引鉢2.JPG
松尾友文 唐津粉引鉢3.JPG松尾友文 唐津粉引鉢4.JPG

口径 21cm
高  6cm 

 
この粉引鉢は、炎の力で出来た貫入が入っており、しっかり焼き締められたことをものがたっております。あっさり描かれたワンポイントの鉄絵が、白い粉引に映えて目を引きます。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 【唐津焼】の作家さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

塩鶴るり子 朝鮮唐津と斑唐津汲み出し

こんばんは。

今日は塩鶴るり子さんの朝鮮唐津と斑唐津汲み出しをご紹介します。

塩鶴るり子さんは、はじめは磁器をやっていたのですが、やがて陶器の世界に入った唐津焼作家です。土物の固定観念に縛られることなく、磁器の経験を生かした、自由な唐津焼を作陶している方です。
 
ここで紹介する汲み出し2点とも、生き生きとした活力を感じる作品です。
 


塩鶴るり子 朝鮮唐津1.JPG塩鶴るり子 朝鮮唐津2.JPG
塩鶴るり子 朝鮮唐津3.JPG塩鶴るり子 朝鮮唐津4.JPG


朝鮮唐津汲み出し
   口径 11cm   高 6cm


朝鮮唐津汲み出しは、白と黒の釉が交錯しながら生まれた景色がとてもうつくしく魅力的です。鉄釉を掛けた上を、白濁色の藁灰釉が幾筋も流れ落ちて、あざやかな景色を作っています。釉がそれぞれ溶け合って生まれる朝鮮唐津の醍醐味をこの小さな汲み出しは十分見せております。
見込みは、白濁色ですので、煎茶の緑もきれいに映ります。




塩鶴るり子 斑唐津汲み出し1.JPG塩鶴るり子 斑唐津汲み出し2.JPG
塩鶴るり子 斑唐津汲み出し3.JPG塩鶴るり子 斑唐津汲み出し4.JPG

斑唐津汲み出し
   口径 8.5cm   高 8cm


斑唐津汲み出しは、形に女性作家らしいセンスを感じて惹かれます。器全体に、さび釉が流れたような感じの斑模様になっています。斑の隙間から、濃い土味が出ていて野生味を感じますが、飲み口は、釉薬の荒々しさとは対照的で、やさしく親しみを感じます。見込みの斑が実に見事で、じっくり斑を楽しみながら飲む茶は、至福の一服というところでしょう。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 20:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 【唐津焼】の作家さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。