2015年11月21日

若尾利貞 志野焼 食器7種

若尾利貞さんの食器7種を紹介いたします。


以前、若尾利貞さんの「鼠志野おもだか文徳利」を紹介した時も言いましたが、私は若尾利貞さんの作品がとても好きです。
特に若尾利貞さんの鼠志野には、理屈抜きで惹かれます。
「欲しい」といつも思っております。


そんな中で出会ったのが、この食器たちです。


若尾利貞食器1.JPG


若尾利貞食器2.JPG

志野長方皿 横 23cm  縦 11,5 cm  高 3cm



若尾利貞食器3.JPG

志野小鉢 径 12cm 高 7cm



若尾利貞食器4.JPG若尾利貞食器5.JPG若尾利貞食器6.JPG

鼠志野皿3枚 径 約15cm  高 3cm



若尾利貞食器7.JPG

湯のみ 口径 7cm  高 8,5cm



若尾利貞食器8.JPG

ぐい呑 口径 6cm  高 6cm




かなり予算オーバーでしたが「欲しい病」に勝てなくて、無理をしました。
自分のものにした時は、そりゃもう!嬉しくて、ワクワクドキドキで、早く帰って眺めたくて仕方がありませんでした。


眺めていると、満足感で自然に頬がほころんでしまいます。


若尾利貞さんの鼠志野は独特です。
桃山志野に魅せられ、地元の製陶工場に勤めながら独学で陶芸を学び、その陶技を身につけたそうで、今や志野焼の第一人者とまで言われております。


ここに紹介した食器は、いずれも切れのある形成と深みのある色あいで、味わいの深い顔をしております。


若尾利貞さんの器は、膳の格を上げるような気がします。
後は、使う側のこちらの技量あるのみです。





おススメ本へ


ランキング参戦中です。応援よろしくお願いします



2007年06月10日

岩月竹光 美濃焼 黄瀬戸向付

こんにちは。

今日は岩月竹光さんの美濃焼 黄瀬戸向付をご紹介します。

岩月竹光さんといえば「黄瀬戸」と言われるくらい、黄瀬戸作りの第一人者として活躍されている方です。

「桃山の黄瀬戸に出会った時、からだの中を稲妻が走り抜けた。以来、桃山を師と仰ぎ、山を歩いて土を探し、灰を求めて走り続けている。」と岩月竹光さんは栞の中で語っております。

岩月竹光さんの作品を見ると、「目指す桃山の黄瀬戸」その言葉が分かるような気がします。



岩月竹光 黄瀬戸向付1.JPG岩月竹光 黄瀬戸向付2.JPG岩月竹光 黄瀬戸向付3.JPG
岩月竹光 黄瀬戸向付4.JPG岩月竹光 黄瀬戸向付5.JPG岩月竹光 黄瀬戸向付6.JPG


口径 9cm
高  6.5cm


この向付は、筒型の向付に「へら」を使って側面から口縁にかけて押して、八弁の花としています。
しっとりとした黄色の地肌、その上に彫りで草文、そこにタンパン。
とても愛らしい器です。

黄瀬戸のもっている温かさ柔らかさが好きで、どうしても集まってきます。

草文をちょっとあしらった器は控えめで、なんとなく愛くるしいし、黄釉の色調もそう強くなく、使いやすいと思っております。
こういう器に料理を盛るなら、手間とひまをかけた料理をさりげなく盛るのがいいのかな、と思っております。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

2006年09月24日

田中源彦 鳴海織部向付

こんばんは。

今日は田中源彦さんの鳴海織部向付をご紹介します。

田中源彦さんの作品は、以前に織部高脚杯を紹介いたしました。あの時も「しゃれた感じ」と見た目を表現しましたが、今回の鳴海織部向付も、とてもおしゃれな感じで目を引きます。
 
鳴海織部の約束どおりに赤土と白土を継ぎ合わせ、赤土の上には白化粧土と鉄釉で扇と矢羽を描き、白土の上には織部釉を掛けて釉色の美しさを引き出しています。赤土と白土とを効果的に継いであって、そのコントラストがきれいです。



田中源彦 鳴海織部向付1.JPG田中源彦 鳴海織部向付2.JPG田中源彦 鳴海織部向付3.JPG
田中源彦 鳴海織部向付4.JPG田中源彦 鳴海織部向付4.JPG田中源彦 鳴海織部向付6.JPG

口径 14.5cm × 13cm
高  4cm


赤土、白土、緑釉と、それぞれが色鮮やかで、印象的な器になっております。見込みに描がかれた洒落た模様が、いい雰囲気で見とれてしまいます。形も、長四方の二面に段をつけることによって変化つけ、凝った意匠にしてあります。三つ足です。

こういう洒落た向付は、器と料理の調和を取るのが難しくて、盛り付けに苦労します。「今日はこれを使おう」と、出して来ては盛り付けを試みるのですが、「やっぱりうまくいかないな〜」と、器を替えてしまいます。
ピタッと決められない自分の腕の未熟さにがっかりしますね。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

2006年08月19日

加藤二三男 鳴海織部小鉢と織部湯のみ

こんにちは。

今日は加藤二三男さんの鳴海織部小鉢と織部湯のみをご紹介します。

以前にも加藤二三男さんの鳴海織部銚子を紹介いたしましたが、今回は鳴海織部小鉢です。それに織部湯のみを一緒に紹介いたします。

加藤二三男さんの作る器はどれも上品で美しい。 思わず手にとって、「あぁこういう器で食卓を囲み、品の良い暮らしがしたい。」と 今の自分には無い夢を見てしまいます。見ているだけでも楽しい、使いこなせればなお嬉しい。そんな器です。


加藤二三男 鳴海織部小鉢1.JPG加藤二三男 鳴海織部小鉢2.JPG加藤二三男 鳴海織部小鉢3.JPG
加藤二三男 鳴海織部小鉢4.JPG加藤二三男 鳴海織部湯のみ5.JPG加藤二三男 鳴海織部湯のみ6.JPG
加藤二三男 鳴海織部湯のみ7.JPG

鳴海織部小鉢  口径 14cm   高 7cm
織部湯のみ   口径 8.5cm  高 9cm

小鉢も湯のみもやさしい絵柄で、そこに鮮やかな緑色の釉薬が一筋、二筋と流れて、丁度良いところで釉止まりし、美しい景色となっております。

織部は釉薬の緑色に特徴があるそうで、基礎釉の調合の割合で、鮮やかな緑になったり、少し黄色がかった緑になったりするそうです。誰ひとりとして、全く同じ色の緑にはならないそうです。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

2006年06月26日

田中源彦(菊泉窯)織部高脚杯

こんばんは。

今日は田中源彦(菊泉窯)さんの織部高脚杯をご紹介します。

この作品はなかなかおしゃれな感じがして、即決で買ってしまったものです。
しゃれた形の杯に磯の網に千鳥、扇面に吊るし柿の絵が織部らしい文様で描かれています。


田中源彦 高脚杯二個1.JPG田中源彦 高脚杯二個2.JPG田中源彦 高脚杯二個3.JPG
田中源彦 高脚杯二個4.JPG田中源彦 高脚杯二個5.JPG

口6cm、高さ6.5cm

主人はほとんど熱燗ですが、冷酒を飲むときにこの杯を使っています。また珍味いれに使うのも楽しいかなとも思っています。
ところで、田中さんは「北の国から」の田中邦衛さんの甥子さんなのだそうです。



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

2006年06月17日

橋口信弘 織部徳利

こんにちは。

今日は橋口信弘さんの織部徳利とぐい呑をご紹介します。

この徳利を見たとき、あまりの迫力と圧倒的な存在感に、私が思っていた美濃系の織部とは違った印象がしたので、「これも織部?」と、不思議に思いました。
今風の織部なのでしょうか?


橋口信弘 織部徳利とぐい呑0.JPG橋口信弘 織部徳利1.JPG橋口信弘 織部徳利2.JPG
橋口信弘 織部徳利3.JPG橋口信弘 織部ぐい呑1.JPG橋口信弘 織部ぐい呑2.JPG

徳利 胴9cm、高14cm
ぐい呑 口径7cm、高6cm


緑釉が掛けてあるところは、美濃系の織部と共通点があるのですが、ダイナミックな筆使いの鉄釉、それにコバルトでしょうか水色の発色があったり、土味があったりして、とても独創的な織部です。

形も轆轤の線がはっきり出ており、微妙な歪みもあり、ところどころに石はぜもあり、見所がいっぱいあります。
穏やかな と言うよりは、勢いがよくて、力強いと言う感じがします。見ているだけで若さと元気をもらえるような気がします。
ぐい呑も、独創の織部そのものです。独自性があって徳利と同様大胆な筆使いです。

この作品は徳利の方が先に求めたもので、同じぐい呑みをと探していたところ、ひょんなところで見つけました。その時は嬉しくなって思わず駆け寄ったくらいです。


後でわかったことなのですが、橋口信弘さんは、信楽の土を使っているとのこと。
だから、ところどころに石はぜが見られて、ある種の荒々しさと力強さを感じられるのでしょうね。



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

2006年06月14日

岩月竹光 美濃焼 黄瀬戸徳利とぐい呑み

こんばんは。

今日は岩月竹光さんの黄瀬戸徳利とぐい呑みをご紹介します。

岩月さんは黄瀬戸を主体とした作家さんです。
「黄瀬戸は色味が中々難しく、ちょっと濃くても薄くても黄瀬戸の色にならない。誤魔化しようがないから難しい。決め手は土と灰と焼き方です。この3つが揃わないと上手くいかない」とのことで、土や灰を研究されたそうです。


岩月竹光 黄瀬戸酒器1.JPG岩月竹光 黄瀬戸酒器2.JPG岩月竹光 黄瀬戸酒器3.JPG
岩月竹光 黄瀬戸酒器4.JPG岩月竹光 黄瀬戸酒器5.JPG岩月竹光 黄瀬戸酒器6.JPG

徳利      径9cm、高さ15cm
ぐい呑み 半筒 口6.5cm、高さ5cm
     平  口8cm、高さ3.5cm


この酒器はデザイン化されていてちょっと変わった形をしています。徳利と半筒型のぐい呑みは胴の内側を押してあって持ちやすいようになっています。轆轤の線を残しながら、削り取ったような大胆な彫りを入れてアクセントをつけています。もう一つのぐい呑みは広口で浅めの盃型です。
徳利もぐい呑みもかせた感じの油揚肌で、緑のタンパンも綺麗で線描きの鉄絵も良く焼かれています。



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

2006年06月08日

加藤二三男 鳴海織部銚子

こんばんは。

今日は加藤二三男さんの鳴海織部銚子をご紹介します。

なんとも穏やかで優しい感じのする鳴海織部に心が奪われます。
この作品は生地は胴の部分が赤土で口、蓋、持ち手の部分が白土です。赤土の上に白泥で三面は蓮の絵、もう一面は幾何学模様を描き鉄釉で縁取りしてあります。白土に上には緑釉を掛けてあります。
表面に薄く白釉が流れていて、釉止まりも綺麗です。


加藤二三男 銚子1.JPG加藤二三男 銚子2.JPG

高さ17cm、胴12cm

鳴海織部は生地に赤土と白土を張り合わせて使うのが特徴です。焼物をやられたことがある人は体験されたことがあると思いますが、焼物は焼成時に2割ほど収縮します。その上赤土と白土では収縮率が違うようです。赤土のほうが収縮率が大きいため、焼成時につなぎ目から離れて割れてしまう恐れがあるそうです。土の性質を熟知しなければならない技法なのでしょう。ましてや銚子となると、蓋あり、持ち手あり、注ぎ口ありでとても難しそうです。そんなことを考えながらこの作品を見るととてもいとおしくなります。



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

2006年06月01日

佐藤和次 美濃焼 黒織部ぐい呑み

こんばんは。

今日は佐藤和次さんの黒織部ぐい呑みをご紹介します。

佐藤さんは食の器に徹することで多くのファンを持つ作家さんです。「食器は使ってなんぼの世界です。いいなぁと思ってもすぐ壊れてしまってはどうしようもない。10年間無事に使い続けて初めて価値があるというものです」という言葉の通りとても丈夫な作品を作られる作家さんです。

黒織部とは器全体に鉄釉を掛けないで、一部に掛け残しの窓を作り、その部分に鉄釉で文様を描きその上に白釉を掛けたものです。


佐藤和次 ぐい呑1.JPG佐藤和次 ぐい呑2.JPG
佐藤和次 ぐい呑3.JPG佐藤和次 ぐい呑4.JPG

口6.5cm、高さ5.3cm


このぐい呑みは高さが少し変形しています。内側はなんだか吸い込まれそうな真っ黒に塗られていて、外側は黒と白に塗り分けた上に、白地の部分に幾何学模様が描かれいます。
手に取った時にしっくり馴染む自然な形とそれにあった素直な絵柄が気に入っています




ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

2006年04月25日

若尾利貞 鼠志野おもだか文徳利

こんばんは。

今日は若尾利貞さんの鼠志野おもだか文徳利をご紹介します。

ずーっと欲しい欲しいと思っていた若尾さんの鼠志野徳利です。なかなか出会いがなかったので手に入れることが出来なかったのですが、ある日ギャラリーで発見した時は思わず声が出ちゃいました。


若尾利貞 鼠志野おもだか文徳利1.JPG若尾利貞 鼠志野おもだか文徳利2.JPG
若尾利貞 鼠志野おもだか文徳利3.JPG若尾利貞 鼠志野おもだか文徳利4.JPG

径(一番幅のあるところで)9cm 高さ16.5cm


若尾さんは長石などの素材を海外に求めたり、独自で開発したガス窯で鼠志野を個性豊かに再現しています。
この鼠志野徳利は鉄分の多く含まれた鬼板を掻き落として描いたおもだか文がグレー地に鮮やかに現れています。長石釉もたっぷり掛かっており、またずらしながら帯をグルグル巻いたような線がアクセントになってます。
丸みを帯びた三角形ですが表面を内部に押して持ちやすくなっています。
のびやかでゆったりとしていてこれまで紹介した徳利の中では大振りなほうです。


宜しかったら↓クリックしてください!励みになります!!
人気ブログランキング

2006年04月22日

鈴木五郎 鳴海織部ぐい呑み

こんにちは。

今日は鈴木五郎さんの鳴海織部ぐい呑みをご紹介します。
鈴木五郎さんと言えば身の丈もある大壺や人が座れそうな椅子とか陶の常識をはるかに超えるような自由奔放で個性的な作品を作る作家さんです。

このぐい呑みは大壷を作った人と同じ人の作品とは思えないほど可愛らしくて小さなぐい呑みです。


鈴木五郎 鳴海織部ぐい呑み1.JPG鈴木五郎 鳴海織部ぐい呑み2.JPG
鈴木五郎 鳴海織部ぐい呑み3.JPG鈴木五郎 鳴海織部ぐい呑み4.JPG

直径:5cm、高さ:4.5〜5cm


口作りは繊細なほど薄く出来ています。口辺から白土の上に織部釉の緑が綺麗に流れていて、緑釉止まりも見事です。赤土の上に描かれた模様もあっさりした線画ですが、白泥でアクセントがついてます。

手に持ってびっくりしたのが、器の重さです。小さくて可愛いぐい呑みなんですが、見た目よりずっしりとした重さがあります。聞いた所によると小さくて浮くようでは、持つ手が心もとないので、酒を注いで口元に運ぶ手に重さがぴったり合うように工夫されているとのことでした。
理由を聞くと納得です♪握る手にぴったり納まる重さです。


宜しかったら↓クリックしてください!励みになります!!
人気ブログランキング

2006年04月15日

飛井隆司 美濃焼 百合向付

こんにちは。今日は飛井隆司さんの百合向付をご紹介します。

飛井さんの作品は自然の草木をモチーフにしたものが多いようです。
大胆な絵付けで現代感を添えた作品を多く手がけています。

この作品は百合の花です。とても印象的ですぐ気に入りました。そのお店ではばら売りしていたので予算の関係(笑)でまず2客だけ購入して帰りました。
その後家で向付として使ってみると料理映えがして中々良かったものです。これは5客ほしいなぁと思い、またお店に行ったんですが、残念!2客しか残っていませんでした・・・今は4客で我慢してます。

和食器は季節に合わせて料理にも季節にも四季感を取り込むことができるのでいいですよね。


飛井隆司 百合向付1.JPG飛井隆司 百合向付2.JPG飛井隆司 百合向付3.JPG
飛井隆司 百合向付4.JPG飛井隆司 百合向付5.JPG


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。