2007年03月25日

ナルミ ティーカップ&ソーサー

こんにちは。

今日はナルミのティーカップ&ソーサーをご紹介します。

ゆったりと流れる時に身をまかせ「色、香り、味」を楽しむティータイム。「カップは使いやすければいい。」というのは夢のない話。もちろんそれも大切だけど、私は夢のある心楽しいカップでムードを楽しみながら、ひと時を過ごしたい。

そんなことを考えて選んだのがこのカップです。



ナルミ ティーカップ&ダーサー1.JPGナルミ ティーカップ&ダーサー2.JPG
ナルミ ティーカップ&ダーサー3.JPGナルミ ティーカップ&ダーサー4.JPG

カップ 
 口径 10cm  持手含む 12.5cm  高 6.3cm
ソーサー
 径 16cm



青の色がしっかり出ているのと、おしどりの絵柄と色使いにグッとくるものがあって、「いいなぁ〜」こんなのでゆったり紅茶を楽しみたい。と、湯気のたちのぼるカップを手に“いい時間”を過ごせたら、心癒されるだろうなぁ〜と思いつつ、実はまだ一度もこのカップで紅茶を味わったことがありません。

日日、せかせかと過ごす私には、ゆっくり時間をかけて「色、香り、味」を楽しみながら、一杯の紅茶を飲むだけの気持のゆとりがないのです。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

ナルミ カップ&ソーサー

おはようございます。

今日はナルミのカップ&ソーサーをご紹介します。

名古屋市緑区鳴海町に「ナルミ」の本社があります。日本の陶磁窯は、地名がそのままやき物の名前になっていることが多いけど「ナルミ」もそうだったんですね!
 
この頃、コーヒーを味わって飲むには、ゆったりとした気分で静かに飲むのが一番と思うようになってきました。

洒落た器に入ったコーヒーをゆっくりと楽しむ時間のゆとり。あわただしい生活の中では、そんなわずかなひと時が至福の幸せと思えることがあります。このカップを手にしたとき、つくづくそう思いました。

このカップは、そう思わせるに十分な雰囲気のある、洒落たカップです。


ナルミ カップ&ダーサー1.JPGナルミ カップ&ダーサー2.JPGナルミ カップ&ダーサー3.JPG
ナルミ カップ&ダーサー4.JPGナルミ カップ&ダーサー5.JPG

カップ 
 口径 8.8cm 持手含む 12cm  高 7.2cm
ソーサー
 径 15cm


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 06:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

ウェッジウッド コーヒーカップ&ソーサー

おはようございます。

今日はウェッジウッドのコーヒーカップ&ソーサーをご紹介します。

これはウェッジウッドの「ユーランダーパウダーターコイズ」と名付けられたコーヒーカップ&ソーサーです。
 
綿密に粉を刷いたようなボーダー模様が独特で、一見してウェッジウッドパウダーとわかります。このパウダーターコイズの他にパウダーブルーとパウダールビーがあります。
 

ウェッジウッド パウダーターコイズカップ&ダーサー1.JPGウェッジウッド パウダーターコイズカップ&ダーサー2.JPGウェッジウッド パウダーターコイズカップ&ダーサー4.JPG
ウェッジウッド パウダーターコイズカップ&ダーサー4.JPGウェッジウッド パウダーターコイズカップ&ダーサー5.JPG

カップ 
 径 6.5cm 持手含む 8.5cm  高 7cm
ソーサー
 径 14cm  高 2.5cm



鮮やかなターコイズ色に自然と目が向いてしまいます。カップの持手の裏側に金彩を施こしてあります。何気ないところに細心の技巧を尽くしているのには「さすがウェッジウッド」と感心させられます。

あっさりしていて、仰々しくないところに軽さを感じ、惜しまずに使えるような気がして親しみを感じます。

そういうところに「いい作品をさりげなく使う」という自分だけの秘めたリッチさを感じ、「満更悪くもないな」と一人ほくそえんでおります。



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 06:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

アビランド ティーカップ&ソーサー

おはようございます。

今日はアビランドのティーカップ&ソーサーをご紹介します。

これは「ヴュー・パリ」と名付けられた作品で、フランスが世界に誇る名品のひとつです。
 
可憐な小花と深みのあるグリーンがいかにもフランス生まれらしいエレガントさを感じます。
 
カップの内側は白地で、そして口径が広く、紅茶の色と香りをゆったりと味わえるシンプルな形になっております。
そんなシンプルな形のなかにも上品な美しさがあり、心を惹かれてしまったものです。



アビランド カップ&ダーサー1.JPGアビランド カップ&ダーサー2.JPG
アビランド カップ&ダーサー3.JPGアビランド カップ&ダーサー4.JPG


カップ 口径 9cm  持手含む 11cm  高 5.3cm
ソーサー 径 14.5cm  高 2cm


口は薄手で飲みやすく、カップの取っ手が大きく、指がすんなり入るようになっているところが特に気に入っております。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 06:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

ビング・オー・グレンダール コーヒーセット

こんにちは。

今日はビング・オー・グレンダールの「ブルー・トラディショナル」と名付けられたコーヒーセットをご紹介します。
 
白磁の上に、細くやさしい筆致でコバルトブルーの花柄が手描きで丹念に描かれております。清楚で素朴なデザインが素敵です。

ちょっとわかりにくいですが、コーヒーポットとシュガーポットの蓋の摘みと把手、コーヒーカップとクリーマーの把手に「たつのおとしご」がおります。そこが又かわいらしくて、微笑んでしまいます。



ビング・オー・グレンダール 洋食器1.JPGビクグ・オー・グレンダール 洋食器2.JPGビクグ・オー・グレンダール 洋食器3.JPG
ビクグ・オー・グレンダール 洋食器4.JPGビクグ・オー・グレンダール 洋食器9.JPGビクグ・オー・グレンダール 洋食器9.JPG


コーヒーポット 
 径 17cm(持手から注ぎ口まで) 高 23cm
シュガーポット 
 口径 9cm 持手含む 11.5cm  高11cm
クリーマー   
 口径 6×5cm 持手含む 9cm  高9cm



ビクグ・オー・グレンダール 洋食器5.JPGビクグ・オー・グレンダール 洋食器6.JPGビクグ・オー・グレンダール 洋食器7.JPG
ビクグ・オー・グレンダール 洋食器7.JPG

コーヒーカップ 
 口径 7.5cm 持手含む 10cm  高6.3cm
ソーサー    
 径 13.5cm 高 2cm



この模様は、古い中国の唐草模様を素材に、どんなフォルムにも描ける絵柄として発展させていったものだそうです。

 ビング・オー・グレンダール窯は、創業以来同じ原料、同じ製法で丁寧に作り続けてきて、その変わらぬ製作方法により、ディナーウェアでは、世界で初めて、最低25年間はいつでもセット補充が出来るということを可能にした窯として有名です。



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 13:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

ウェッジウッド ワイルドストロベリー

こんにちは。

今日はウェッジウッドの「ワイルドストロベリー」と名付けられた洋食器をご紹介します。


デパートの洋食器を何気なく眺めていた時爽やかな野いちごの絵柄に、ひときわ目を引かれて、おもわず衝動買いをしてしまったものです。

手にとってみると、なめらかな感じで、手触りもよかったし、それになんとなく丈夫そうなところが普段使いに適しているような気がして手放せなかったんです。

その時は、コーヒーカップ&ソーサーとケーキ皿を手にして帰ったのですが、そのあと、デパートの前を通るたびにサラダボール、バスケット、そしてトレーにサンドイッチプレート、オーバルプレートと「ワイルドストロベリー」シリーズのものを買い足してきて、揃ったのがこのかわいい器たちです。



ウェッジウッド 洋食器1.JPGウェッジウッド 洋食器2.JPGウェッジウッド 洋食器3.JPG

オーバルプレート 
 径 36cm×28cm  高 3.5cm
コーヒーカップ 
 口径 8.3cm 持手含む  11cm  高 7cm
ソーサー    
 径14.5cm  高 3cm



ウェッジウッド 洋食器4.JPGウェッジウッド 洋食器4.JPGウェッジウッド 洋食器6.JPG
ウェッジウッド 洋食器7.JPGウェッジウッド 洋食器8.JPG

ケーキ皿     
 径18cm
サンドイッチプレート 
 口径 20cm×17cm  高 4cm
サラダボール  
 口径 12cm  高 4.5cm
バスケット   
 口径 14.5cm×10.8cm  
 高 4.5cm 持手含む 8cm
トレー      
 口径 13cm×9.5cm  高 2cm
 

 
野いちごは、イギリスの伝統的なモチーフのひとつになっております。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 11:05| Comment(10) | TrackBack(0) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ミントン 洋食器

こんにちは。

今日は今なおミントンのベストセラーである「ハドンホール」と名付けられた洋食器をご紹介します。
  

エリザベス2世の戴冠式を記念して、当時のトップデザイナージョン・ワズワースという作家が、ハドンホール城のタペストリーの絵柄からヒントを得てデザインしたといわれている花柄です。


カーネーションやパンジーの花が図案化されており、水彩のような色合いが人気を呼んだようです。可憐な花柄にグリーンの細い縁取りがとても印象的です。


ミントン 洋食器1.JPGミントン 洋食器2.JPGミントン 洋食器3.JPG
ミントン 洋食器3.JPGミントン 洋食器5.JPG


プレート   
 径 27.5cm×24.5cm
スープ皿   
 径 21cm    高 3.5cm
クレセント皿 
 径 22cm×12.5cm
サラダボール
口径 13.5cm   高4.5cm
パン皿    
 径 21cm



ミントン 洋食器6.JPGミントン 洋食器7.JPGミントン 洋食器8.JPG
ミントン 洋食器9.JPGミントン 洋食器10.JPG

ティーポット 
 持手から注ぎ口まで 23cm  高 15cm 
シュガーポット
 持手含む 12cm   高 9cm
クリーマー  
 口径 12cm×5.5cm   高 7cm
ティーカップ 
 口径 9cm 持手含む 11cm  高5.5cm
ソーサー   
 径 15cm   高 3cm
ケーキ皿   
 径 16.5cm




ディナーセットに憧れ、テーブルセッティングを夢見た頃の話になりますが、このかわいい「ハドンホール」に出会って「これがいい。これなら長い間使っても飽きがこないし、後で買い足しが出来るし、高級感もあるし」と 上等なセットを1組ぐらいは持っていたい・・・と奮発して揃えてしまったものです。




ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 09:51| Comment(2) | TrackBack(4) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

マイセン コーヒーカップ&ソーサーとケーキ皿

こんばんは。

今日は洋食器の代名詞ともいえるマイセンのコーヒーカップ&ソーサーとケーキ皿を紹介いたします。

ヨーロッパの磁器の歴史は、マイセンから始まったと言われております。
マイセンの代表的シリーズに「ブルーオニオン」(青い玉葱模様)がありますが、この作品は、「ブルーオーキッド」と名付けられたマイセンの中では比較的新しいシリーズです。


コバルトブルーの手描きの絵柄は蘭の花と梅の木のようにも見えます。これが日本の染付けを思わせ、なぜか親しみがあって、抵抗なく受け入れることが出来ます。そう言うところが日本人の心を特にひきつけるのかも知れません。


マイセン コーヒーカップ&ダーサーとケーキ皿1.JPGマイセン コーヒーカップ&ダーサーとケーキ皿2.JPGマイセン コーヒーカップ&ダーサーとケーキ皿3.JPG
マイセン コーヒーカップ&ダーサーとケーキ皿4.JPGマイセン コーヒーカップ&ダーサーとケーキ皿5.JPGマイセン コーヒーカップ&ダーサーとケーキ皿6.JPG


コーヒーカップ 口径 6.5cm  持手含む 9cm  高 8cm
ソーサー    径 14cm  高 3.5cm
ケーキ皿    径 18.5cm  高 2.8cm



独特な形も洒落た感じで、とても優雅で酔いしれます。シリーズものは、一気にフルセットを揃えるのは中々大変です。私は楽しみながら一つ一つ集め、自分のお気に入りが一つ一つ増えていく喜びをじっくり味わいたいと思っています。
 

ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
ラベル:マイセン
posted by kunikuni at 21:37| Comment(4) | TrackBack(1) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

スージー・クーパー ティカップ・コーヒーカップ・ケーキ皿

こんばんは。

今日はスージー・クーパーのパトリシアローズのティーセットとガーデ二アのコーヒーセットを紹介いたします。

ティーセットは、イギリスと日本で絶大な人気を誇る、あまりにも有名なスージー・クーパーの「パトリシアローズ」です。ピンクのバラがとてもかわいくて、一目惚れでした。やさしい色合いにあたたかみを感じて気に入っております。

      

スージー・クーパー ティーセット1.JPGスージー・クーパー ティーセット2.JPGスージー・クーパー ティーセット3.JPG

ティーカップ 
 口径 9.5cm  持手含む 11cm  高 5.7cm
ソーサー   
 径 14.5cm
ケーキ皿   
 径 17.5cm




コーヒーセットは、「ガーデ二ア」と名付けられております。ガーデ二アとはくちなしの花のことです。縁取りがパステル調にぼかしている作品が多いのですが、これは、はっきりしたボーダーになっております。
スキッと描かれたボーダー柄とくちなしの花に知的さを感じて私は好きです。
 

スージー・クーパー コーヒーセット4.JPGスージー・クーパー コーヒーセット5.JPGスージー・クーパー コーヒーセット6.JPG

コーヒーカップ 
 口径 8.5cm  持手含む 10.5cm  高 7cm
ソーサー    
 径 14.8cm
ケーキ皿    
 径 17cm 



スージー・クーパーの魅力はアンティークの食器なのに今に通用するデザインにあるんじゃないかと思います。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

ロイヤルクラウンダービー カップ&ソーサー

こんばんは。

今日は見ているだけでも、楽しい洋食器を紹介します。
  
これはロイヤルクラウンダービーのカップ&ソーサーです。ロイヤルクラウンダービーとは、イギリスのダービーの地に開かれた「ロイヤル」と「クラウン」の2つの名を冠した栄誉ある窯です。


ロイヤルクラウンダービー カップ&ダーサー2.JPGロイヤルクラウンダービー カップ&ダーサー3.JPGロイヤルクラウンダービー カップ&ダーサー3.JPG
ロイヤルクラウンダービー カップ&ダーサー4.JPGロイヤルクラウンダービー カップ&ダーサー5.JPG


カップ  
 口径 9.6cm  持ち手含む 11.5cm
 高  6cm
ソーサー 
 径 14.8cm  
 高 2cm


金、赤、黒の鮮やかな配色が目を惹きます。金装飾と彩色技術はかなり高度な手法と、ロイヤルクラウンダービーのアーチストたちの気概を感じます。

このカップ&ソーサーは、「ハミングバード」と名付けられております。
どことなく上流階級の持ち物のようで、私には似合わない感じがして中々使えません。ただ持っているだけで、ただ見ているだけで十分満足できるコレクションです。
 

ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 【洋食器】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。