2006年08月31日

中村清六 白磁竹文湯のみ

こんばんは。

今日は中村清六さんの白磁竹文湯のみをご紹介します。

以前にも、これと同じ竹文を彫りで描いた、白磁皿を紹介いたしましたが、あの時も写真がうまく撮れなくて、せっかくの作品に感動を伝えることが出来ませんでした。実物はとても美しく感動的な物なのに、今回も中々うまく写せませんでした。白磁を撮るのは難しいです。

中村清六さんの白磁はあまりに有名です。中村清六さんの白磁は、しっとりとした光沢をまとい、磁器でありながらも、ほんわかとした温かみが伝わってきます。卓越した轆轤の技が端正なフォルムの白磁を生み出しております。
 
内側に少し反り返った曲線は、機械では絶対に造ることの出来ない技だそうです。轆轤師と言われる中村清六さんの腕と技でしか、創り出すことが出来ないとまで言われております。その中村清六さんは「茶碗が一番難しいと思います。糸底が高すぎてもいけないし、ふんわりして、手触りがいいもので、形に癖のない物を造らなければなりません。」と語り、茶碗の裏側の高台のような、目に付きにくいところにまで気を遣います。



中村清六 白磁竹文湯のみ1.JPG中村清六 白磁竹文湯のみ2.JPG中村清六 白磁竹文湯のみ3.JPG
中村清六 白磁竹文湯のみ4.JPG中村清六 白磁竹文湯のみ6.JPG中村清六 白磁竹文湯のみ7.JPG

口径 8.3cm
高  5cm


白い湯のみ茶碗は、緑茶の緑が映えます。
緑茶がとても美味しく見えます。


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 19:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 【有田焼】中村清六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

中村清六 色絵蓋付湯のみ茶碗

こんばんは。

今日は中村清六さんの色絵蓋付湯のみ茶碗をご紹介します。
   
当代随一の轆轤師といわれる中村清六さんは、県重要無形文化財や労働省が指定する現代の名工にも選ばれ、白磁造りでは第一人者の陶芸家であります。そんな中村さんが常に心掛けているのが「芸・技・用・美」を兼ね備えた器づくりだそうです。「湯のみ一つとっても、ふんわりと持ちやすく、お茶がきれいに飲めるよう、使う人のことを考えています。」と 90歳になろうとする今も作陶に意欲的に取り組んでおります。毎年開催される伝統的工芸品公募展では、ただ一人、毎回のように入賞を果たしておりますが「作品に満足していたらダメになってしまう。」と どこまでも自らに厳しい方です。 


中村清六 色絵蓋付湯飲み茶碗1.JPG中村清六 色絵蓋付湯飲み茶碗2.JPG中村清六 色絵蓋付湯飲み茶碗3.JPG
中村清六 色絵蓋付湯飲み茶碗4.JPG中村清六 色絵蓋付湯飲み茶碗5.JPG

口径 8.3cm   蓋径 9.5cm
高 5cm     蓋含 7cm 


この中村清六さんの色絵蓋付湯のみ茶碗は、卓越した轆轤の技から生まれ てきた形のよい白磁に、はっとするような赤の牡丹の花が柿右衛門様式で描かれております。とても気品があって見る人にゆとりと豊かさを与えてくれます。とても大切にしている大好きな湯のみ茶碗です。




ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif
posted by kunikuni at 21:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 【有田焼】中村清六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

中村清六 線入コップ

今日はの中村清六さんの線入コップをご紹介します。
中村清六さんの陶歴などはこちらです。

中村さんの作品は4作目になります。当代きってのロクロの名人で「ロクロ師」と言われる中村さんは88歳の今も作品を作り続けています。

この作品はロクロで成形した後に、素地を薄く削って2本の線を入れてます。確かな技術がなければ、このように薄く品の良い作品は出来ません。手の込んだ清々しい作品です。



中村清六 線入コップ1.JPG中村清六 線入コップ2.JPG
中村清六 線入コップ3.JPG中村清六 線入コップ4.JPG中村清六 線入コップ5.JPG


2段目の左と真ん中の写真色合いが全然違いますね。白磁を撮るとよくこういうことがあります。どうしてなんだろう?


ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

posted by kunikuni at 12:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 【有田焼】中村清六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

中村清六 白磁皿

今日はの中村清六さんの白磁皿をご紹介します。
中村清六さんの陶歴などはこちらです。

この作品は透き通るような白磁の皿に竹の文様が彫りこんであります。
ピーンと張り詰める白磁の一方を押すことによって柔らかさが出ていると思います。そしてその一方押しの裏側にも竹の葉が彫ってあります。今日はここを写真に撮るのが大変でした。この作品のポイントになる部分なのでかなりの枚数撮ったんですが、見事に全部ボケてました(泣)。その中でもまとなのを一枚のせますね。
この作品は一方押しとその裏側の竹の葉が印象的な作品です。(写真で伝わればいいなぁ)



中村清六 白・皿1.JPG中村清六 白・皿2.JPG中村清六 白・皿3.JPG
中村清六 白・皿4.JPG中村清六 白・皿5.JPG中村清六 白・皿6.JPG



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

posted by kunikuni at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 【有田焼】中村清六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

中村清六 白磁 水注

今日はの中村清六さんの白磁 水注を紹介します。
中村清六の陶歴などはこちらです。

以前中村清六さんの色絵をご紹介しましたが、清六さんと言えばやはり白磁で有名で、白磁に関しては右に出るものがないくらい優れた作品を世に出しています。

この水注も見事な白磁です。私は形がすごく気に入っています。なんの飾りもない白磁ですから形・・・フォルムが一層引き立ちますし、洗練されていくのだと思います。私はどちらかと言えば白磁はあまり集めていませんが、清六さんの白磁の形は惹かれるものがありますね。


中村清六 白・1.JPG中村清六 白・2.JPG
中村清六 白・3.JPG中村清六 白・4.JPG



ランキング参戦中です。1日1回クリックして頂けるとウレシイです!
f04.gif

posted by kunikuni at 10:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 【有田焼】中村清六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

中村清六 色絵 壷

今日はの中村清六さんの色絵 壷 を紹介します。
中村清六の陶歴などはこちらです。

轆轤一筋に作陶を続ける作者の作品は、白磁の柔らかい曲線が魅力的で
完成度が高いことで知られています。

白磁で有名な作者ですが、今回紹介するのは色絵です。
まるで柿右衛門の赤と見間違うような赤を出しています。


全体全体2


おススメ本へ


人気blogランキングへ


posted by kunikuni at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 【有田焼】中村清六 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。